« 108.月見草 | トップページ | 110.イタヤモミジの花 »

109.セロシア

Serosiaseika
別名トサカケイトウ(鶏冠鶏頭)ともいわれ、ヒユ科セロシア属で原産地は東南アジア~インドなどです。草丈15(矮性品種)~100(高性品種)cm (在来種は60~90cm)花色は赤・黄・橙・桃・白 開花期:6~10月 花序高は8~15cmになります。茎が太い非耐寒性一年草で、ケイトウの内、フサゲイトウは花房が羽ボウキのようになったプルモーサ系のことを言いえます。最近では花壇によく植えられているのを見かけます。カラフルでセロシアだけでも見栄えのする植物です。

|

« 108.月見草 | トップページ | 110.イタヤモミジの花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 109.セロシア:

« 108.月見草 | トップページ | 110.イタヤモミジの花 »