« 068.アサガオの花 | トップページ | 070.ペチュニアの花 »

069.柱サボテン

Sabotenseika
この花はハシラサボテンの花です。
ハシラサボテンの花は常識では考えられない性質を持っています。1年前に投稿しましたが写真が納得できませんでした。今回2005/7/30AM5:00に撮影した写真です。AM6:00には花がつぼんでしまいます。撮すチャンスはこの時間しかありませんので自分でもなんとか納得のいく写真が撮れましたので再度1年ぶりに投稿します。一番上の写真で白い糸のようなものが垂れ下がっていますが花が咲き終わって落花した後の現象かと思います。

サボテンには電磁波除去作用があるようです。
テレビ・パソコン・携帯電話・電子レンジなど、電磁波を出すものに囲まれている現代生活。オフィス、リビングの片隅にサボテンをぜひおすすめします。
また、夜間空気中の炭酸ガスを吸収し、酸素を出します。他の植物と組み合わせれば24時間お部屋の空気をきれいにします。

|

« 068.アサガオの花 | トップページ | 070.ペチュニアの花 »

」カテゴリの記事

コメント

るびいさん柱サボテンに訪問頂き有り難う御座いました。
るびいさんも大変お花が好きなようで、時々訪問させていただきます。

投稿: 鬼頭鍾介 | 2006/08/12 14:24

中島しげ子 様

柱サボテンに訪問頂き有り難うございました。
私の撮した柱サボテンは他人様の庭に植えら
れていて冬もそのままで耐寒保護はいっさいや
っていません。私のサボテンではありませんよ。

一般的には以下のようです。
日本でも十分に屋外で育てる事ができますが、サボテンが好む環境下で管理してやるのが最もいいでしょう。
陽射しのきつい砂漠で育つイメージがあるので、サボテンを直射日光に当てても大丈夫だと思われがちですが、 実際私たちが手にする事のできるサボテンのほとんどは温室育ちがほとんどなので、 厳しい自然環境の元で自生しているサボテンよりも、幾分か弱いサボテンです。
ですから、あまり直射日光が当たる場所での長時間の管理はサボテンを弱らせるだけです。

●直射日光は避ける。
●適度な暖かさを保てる。
●各季節を通して適度な明るさがある。
●冬場は湿度の少ない場所。

以上の点を満たす場所が、サボテンを上手に育てられる環境です。

花いろいろ管理人 鬼頭鍾介です


投稿: 鬼頭鍾介 | 2006/08/11 21:28

はじめまして こんにちわ(^・^)
私もサボテンの花の記事を書きましたが
そんな効果があるなんて知りませんでした。
勉強になりました^^

投稿: るびい | 2006/08/09 20:41

我が家のハシラサボテンに始めて一輪だけ花が咲きました。花が咲くなんて夢にも思っていませんでした。色々調べてこのページにたどり着きました。なんと沢山の花が咲いているではありませんか。来年もっと沢山咲くようにするには、どうしたらよいでしょうか。

投稿: 中島しげ子 | 2006/08/09 20:22

「心の窓」のぺこ さん、訪問有り難うございました。無理せずに自然体でなければ長続きしないと思います。マイペースで頑張って下さい。

投稿: 鬼頭鍾介 | 2005/11/15 08:30

初めまして~♪
「心の窓」のぺこと申しますm(_)m
うわ~可愛いピンク、 きれいに咲いていますね^^
こんなに蕾がたくさんついてたら、どんどん咲くのが楽しみですね。
お花屋さんなんですね、毎日きれいなお花に囲まれてステキ!

今までブログをお休みしていたんですが、又昨日から復活する事になりました。どうぞよろしくお願いします^^
今度は主に花の写真を撮っていきたいと思っています。
お暇な時おいでくだされば嬉しいです。花の名前も勉強させてください。
又遊びに来ますね。

投稿: ぺこ | 2005/11/14 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 069.柱サボテン:

« 068.アサガオの花 | トップページ | 070.ペチュニアの花 »