« 053.ロベリアの花 | トップページ | 055.かすみ草の花 »

054.ダッチアイリスの花

Datiairisu_seika
この花はダッチアイリスの花です。
この植物はアヤメ科で宿根草です。原産地は北半球の温帯に分布し花期は地方によって違いますが4月上旬~5月上旬で適地は日光を好みます。日本全国栽培可能のようです。アイリス類は多くの種類をもつグループで、いずれも美しい花を咲かせます。学名イリスの語源は「虹」という意味で、花の美しさを物語っています。日本に自生するアイリス類は、ダッチアイリス、アヤメ、イチハツ、ハナショウブ、カキツバタ、キショウブ、シャガなどがあります。今回はダッチアイリスを紹介します。

|

« 053.ロベリアの花 | トップページ | 055.かすみ草の花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 054.ダッチアイリスの花:

» カキツバタ [カキツバタ[植物辞典]]
カキツバタ曲水にてカキツバタ(燕子花、杜若)はアヤメ科アヤメ属の植物。学名はIris laevigata。湿地に群生し、5月から6月に書けて紫色の花を付ける。内花被片が細く直立し,外花被片の中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることなどを特徴とする。愛知県の県花であるが、これは『伊勢物語』で在原業平が有...... [続きを読む]

受信: 2005/05/24 19:02

« 053.ロベリアの花 | トップページ | 055.かすみ草の花 »